FC2ブログ

You Gotta Move (Ac3 Dol Jewl) [DVD] [Import] |Aerosmith

2010年04月17日 11:00

You Gotta Move (Ac3 Dol Jewl) [DVD] [Import]You Gotta Move (Ac3 Dol Jewl) [DVD] [Import]
出演:Aerosmith
Sony
発売日 2004-11-23


???ロック・シーンに登場して30年あまり。その間、ずっと「ローリング・ストーンズもどきのバンド」で片付けられてきた。しかし、スティーヴン・タイラー、ジョー・ペリーらエアロスミスの面々は現在も快調だ。実際の話、ミック・ジャガーとその一派よりもずっと元気だったりする。少なくとも、エアロスミス初のライヴDVDとなる本作『You Gotta Move』を見る限りでは。このコンサート・ドキュメンタリーは総タイム162分間。この中には、A&Eテレビで放映された90分間の番組もメイン・コンテンツとして含まれる。メンバーたちが始終「いい感じだ」と言い続けていることでも分かるように、エアロスミスが最高のコンディションにあることは一目瞭然。最初期のヒット・チューンでさえ、まっさらな情熱と確信をもって演奏されている。「Dream On」、「Back in the Saddle」、「Walk This Way」、「Sweet Emotion」などのロック史上に輝く名曲も登場するが、ショー(および30分間の特典ドキュメンタリー)のかなりの部分は、2004年のブルース / ルーツ系アルバム『Honkin' on Bobo』からのチューンが占めている。ストーンズとかヤードバーズ(これまたエアロスミスが露骨に影響を受けたバンド)の場合、ブルースやR&Bのカバーは、キャリアの初期に集中していた。だがエアロスミスは彼らと違い、円熟期を迎えて初めて「Baby, Please Don't Go」や「Stop Messin' Around」のような古式ゆかしいナンバーを取り上げたのである。エアロスミスの演奏は、当の楽曲を書いたブルースメンよりも、60年代にそれらを演奏したロッカーたち(前者はヴァン・モリソンとテッド・ニュージェント、後者はピーター・グリーン在籍時のフリートウッド・マックがカバー)にずっと近い。当然の結果と言えるだろう。エアロスミスもまた、良くも悪くも小細工をしない、ロック一直線なバンドなのだから。それこそがファンの望む姿であり、本作を見て興奮しないエアロ・ファンなど考えられない。特典も豊富で、テレビでは放映されなかったチューン5曲、前述のドキュメンタリー、本編中の6曲を収録したオーディオCDなどが用意されている。(Sam Graham, Amazon.com)

ボーナスはいいのだが。。。 2004-12-13
曲間にドキュメンタリーはショックだ。
せっかくのライブもこれでは台無し。
しかも、ドキュメンタリーがイントロにかぶっていたり、曲間にあったり。
ウザいのでスキップしようとしたら1トラックで2曲入ってるトラックもありイライラは耐えない。
カメラワークも2,3秒に1回切り替わるのでチカチカして見難い。
救いはボーナストラック。編集も少なく生のエアロが味わえる。
字幕もないので初心者にはキツい1本。


さらに詳しい情報はコチラ≫


[PR]FXCM

Permanent Vacation [DVD] [Import]

2010年04月16日 20:00

Permanent Vacation [DVD] [Import]Permanent Vacation [DVD] [Import]
出演:Aerosmith
Masterplan
発売日 2008-07-07




若いな~ 2007-02-06
昔ブートのビデオで同じ物を購入した事があったが、曲数減らされてるし画像ももっと悪くてそりゃひどいもんだった。それに比べれば全然マシですな。画質も荒いしすごくブートっぽい作品で何で今頃発売されるのか不思議だ。TOWERにも置いてたのを見たことがあるのでブートではないのは確かだな。
そんな事はともかく貴重な映像であるのは間違いないし、ファンなら買った方がいいね。セットリストもこの頃ならではの物だし(Heart's Done Timeが1曲目なんて聞いた事ない!)スティーヴンも今よりよく動く(やはり若いからかな?)。なんせ再結成してすぐの頃のライヴ映像は少ないので絶対観るべきだね。ジョーのRed Houseもめちゃめちゃカッコいい!!



さらに詳しい情報はコチラ≫


ライヴ・ブートレッグ |エアロスミス

2010年04月16日 09:00

ライヴ・ブートレッグライヴ・ブートレッグ
エアロスミス
ソニーレコード
発売日 1996-11-21




これぞライブアルバム! 2008-03-22
酒と麻薬に浸りきり、とにかくライブ中によくスティーブンやジョーがぶっ倒れて気絶していた頃の音。
何から何までが当時のライブ感に満ち溢れている。
今だったら絶対そのまま出さないであろう有り得ない音のズレやリズムのズレ等々がモロにそのまんま記録されている凄いアルバム。
強烈な演奏と迫力とステージパフォーマンスで多少のズレなど関係ねぇといわんばかり。これを聴いたキッズはロックにはまること間違いなし。
マザーポップコーンでのスティーブンの刻むボーカルのエゲツナサにビビッてしまう。
そしてこのアルバム最大の見せ所は何といってもWALK THIS WAY!!!こんな凄まじい速さでよくもまぁリズム隊がついていってるなぁと感心しちまうがそれよりなによりジョーのヴァイブの凄さはたまらない。これは今やれと言われても出来ないのでは・・・
そして散々はずすジョーの影で堅実な演奏のブラッドウィットフォードが見逃せない。
こんな風に現在もライブアルバム出してくれないかなぁ・・・
スリリング この言葉に尽きる



さらに詳しい情報はコチラ≫


ロッキン・ザ・ジョイント(初回生産限定盤DVD付) |エアロスミス

2010年04月14日 23:00

ロッキン・ザ・ジョイント(初回生産限定盤DVD付)ロッキン・ザ・ジョイント(初回生産限定盤DVD付)
エアロスミス
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
発売日 2005-11-02




確かにファン好みの選曲 2007-03-08
ファンなら「Rattlesnake Shake」が入ってる時点で即買いした人もいたんじゃないでしょうか?
もちろん自分もその一人ですがw
どうせならDVDにもこの曲を入れて欲しかったなあ……と思います。

さて、本題に入ります
時代は『Just Push Play』ツアーと同時期。
ゆえに、そのアルバムに収録されている曲がいくつか入っています。
内容はと言えば、近年まれに見るほどにスチとジョーに気合が入っています。
演奏での集中力の違いはライヴDVD『You Gotta Move』と比べれば良く分かるはずです。
スチの高音は良く伸びてますしパフォーマンスでは年甲斐もなく動く動く。
ジョーのソロはスリリングですし、演奏時のクールに熱いノリは全盛期を思い出させます。
不満点を述べれば、なぜ二枚組にして全曲を収録しなかったのかということ。
全曲順番通りに収録してライヴDVDも別個に発売すれば、ファンとしてはかなりの出費ですが、相当な収益が見込めたはずです。
私も観たかったですしね。

この値段でDVDが付いているというのはお得です。
CDに収録されていない曲もDVDには収録されています。
この曲はCDの方にも収録されていますが、「Draw The Line」でのジョーの鳥肌が立つほどの魅力を体感できるのが素晴らしい。
惜しむらくは画質の悪さ……くらいですかね。


さらに詳しい情報はコチラ≫


Ultimate Aerosmith Hits/アルティメイト・エアロスミス・ヒッツ |エアロスミス

2010年04月14日 22:00

Ultimate Aerosmith Hits/アルティメイト・エアロスミス・ヒッツUltimate Aerosmith Hits/アルティメイト・エアロスミス・ヒッツ
エアロスミス
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
発売日 2002-07-03


???レーベルの壁を越えての選曲、そして、新曲もバッチリ入っているという、まさにタイトル通り、究極(アルティメット)の2枚組。
???1973年発表のデビュー作『Aerosmith/野獣誕生』から30年にも及ぶ彼らの歴史の重みを感じざるを得ないのはもちろん、このオッサンたち、なんでこんなに元気なの? と首を傾げたくなる位に現役感バリバリのうれしいベスト盤である。10代のロックに目覚めたキッズたちにはもちろん、昔ながらのファンにもぜひおすすめしたい。(多田ライコウ)

エアロの魅力満載♪ 2010-01-13
今までの曲が全て入っていて、日本で大ヒットした曲満載。

一番我々に語りかけてくる有名な曲"Miss A thing"の曲も収録されているし、コカ・コーラのCMでも使われた”Jaded”も収録されている。

エミネムがカバーした”Dream On”も入っているので、エミネム・ファンにもオススメ。

音楽番組の、エアロスミス特番を見て気になったなら、この一枚に「気になる曲」が必ずといって良いほど入ってる。

入門者でも、ファンでも必須の一枚♪



さらに詳しい情報はコチラ≫