--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンプリファイド |シンプリー・レッド

2010年05月17日 09:00

シンプリファイドシンプリファイド
シンプリー・レッド
ユニバーサル インターナショナル
発売日 2006-02-08


ラテンとジャズの香り 2008-05-23 のっけの"Perfect love"を聴きながらライナーを読めばわかるのは、本作の鍵の一つはラテンフレーバーの導入だということだ。基本がセルフカバーだから、やはりMick Hucknailも「ネタ切れ」か、なんて思ってしまいがちだし、ジャケットも相変わらず気取った感じだしなんだかなあ、と思いながら本作を買ったのだけど、いやー、なんつーか、「ちょっとの工夫でこのうまさ」っつう感じで、いいです。彼は、ビシッと歌ったときのほうが映える。カッコいい。曲によってはジャジーだし、オーケストラをしたがえたものもある。名曲"Holding back the years"もしっとりといえばそうなんだけど、本作のこの曲で響いているのは、スパニッシュなギターだ。シブさよりも、アツさを聴くべきではないかと思う。Simply Redといえば、よくレゲエを取り入れた曲をつくっていたが、アフロキューバンな香りをただよわせた曲はあまりなかったのではないかと。この人の歌には、どんなに静かな曲でも、抑えられない「熱」が感じられて、それを燃えさせてくれる音楽があったということではないか。ラテンは彼に合う。

後半になるとジャジーな雰囲気になっていて、それはそれでSimply Redらしい部分ではあるのだが、個人的には、前半の方が印象的だった。期待していなかったぶん、全体的には良かった。
さらに詳しい情報はコチラ≫


↓1日1ポチ運動 継続中↓ 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ ブログランキング
スポンサーサイト

Stars |Simply Red

2010年05月10日 20:00

StarsStars
Simply Red
Warner Bros.
発売日 1991-09-25


文句の付けようがない名盤 2009-10-09 息が長いですね。
昔はブルーアイズソウルなどと褒め言葉か否か
分らないような言い方もありましたが、今や死
語となりました。バリー・ギブなんかも一時そ
のように呼ばれていました。
Starsのギターは爽やかな風のようですし、表題
通りメインの曲でしょう。
カバー曲を歌わせても独自の世界を作りますし、
聴く方としてはたまりません。
アナログ盤で聴いていますが、Starsは12in盤で
聴きたいものです。
なにはともあれ、私の中では名盤です。
さらに詳しい情報はコチラ≫


ステイ |シンプリー・レッド

2010年05月10日 09:00

ステイステイ
シンプリー・レッド
エイベックス・エンタテインメント
発売日 2007-10-10


シンプリーレッド名義、最後のアルバム 2010-03-29 SR最後のオリジナル・アルバムです。
最後の最後に更なる新境地か、渋いサウンドに仕上がっています。
このぬるダサいがタイトな感じを受け入れられるかどうかで、評価が二分するでしょう。
シングルであるso not over youも良い曲ですが、
good times have done me wrongとthe death of the coolは隠れた名曲です。

このアルバムは、長年のファンの方以外は不要でしょう。
初めて買うのであれば、青いベスト盤を買った方が幸せになれます。
ファンの方で、ロシアン・ウィンターのthe sky is a gypsyが好きだった人は買いでしょう。


さらに詳しい情報はコチラ≫


↓1日1ポチ運動 継続中↓ 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ ブログランキング

赤毛のミックの芳醇な歌声 シンプリー・レッド(Simply Red )

2009年11月30日 23:25

シンプリー・レッド(Simply Red )

にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ   人気ブログランキングへ

実質は、ミック・ハックネルのソロプロジェクトのようなものですかね。

露骨にソウルフルなのではなく、ソウル愛に満ちたミック・ハックネルの芳醇な歌声が最大の魅力!
声に豊かな表情があり、温かくて、深みと渋さに溢れた赤毛のミックの声質は天からの贈り物。

上質なコードバンの革靴のように、さほど主張はしないが、ずっとずっとお付き合いしたい古い友人のような人柄をミック・ハックネルから感じます。


ダリル・ホール&ジョン・オーツ(Daryl Hall & John Oates)「I CAN’T GO FOR THAT」のカバー
秋~冬のイメージの人ですが、夏仕様で。
Simply Red - Sunrise



スタイリスティックスの超名曲カバー
あまりに素敵です。
彼女と聴いてください。
Simply Red - "You Make Me Feel Brand New"


ミック・ハックネルは食べ物に例えれば、”栗”かな!?そんな気がします。

↓ランキング参加中!読んだら、ポチっとお願いします↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
にほんブログ村

赤毛のミックの黒い歌声  シンプリー・レッド (Simply Red)

赤毛のミックの黒い歌声  シンプリー・レッド (Simply Red)

2009年11月12日 15:38

シンプリー・レッド (Simply Red)

クルクルの赤毛がトレードマーク(グループ名の由来)のボーカルのミック・ハックネルの歌声は、
ソウル、リズム&ブルース等の黒人音楽への敬愛がビンビンに伝わってきます。


ファースト・アルバム『ピクチャー・ブック』に収録の名曲 Holding Back The Years
深まりゆく秋、ちょうど今ぴったりはまる一曲です。
貴方も、物思いにふけりながら、聴いてみませんか?

晴よりも曇りの日に、

飲み物は、コーヒーよりイングリッシュ・ティーで、

ミルクよりも、レモンで。

Simply Red - Holding Back The Years




Fairground この曲には、ヤラレマシタ!一本取られました!
まさか、ブラジルで来るとは!
サンバのリズムに円熟の赤毛ミックの歌声、最強だわ!こりゃ勝てませんわ!

Simply Red - Fairground



↓ランキング参戦中!読んだら、ポチっとお願いします↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
にほんブログ村

80年代の宝物 ニック・カーショウ(Nik Kershaw) The Riddle

けっこう早いがクリスマスソング  ケイト・ブッシュ(Kate Bush)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。