--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インナー・シティー(Inner City)

2010年06月26日 16:30

 

デリック・メイと並ぶデトロイトテクノの偉才ケヴィン・サンダーソン


ハウス・ミュージック創世記にひときわクールに輝いた彼の率いるインナー・シティー (Inner City)を
忘れることは出来ない。


デトロイトテクノの永遠のアンセムであろう!!

Inner City - Good Life


無料視聴できるPVや洋楽動画の数は世界最大級の洋楽動画サイト
洋楽マニアックス Movie


↓1日1ポチ運動 継続中↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ ブログランキング
スポンサーサイト

無国籍だからこそ・・Deee-Lite

2010年05月17日 22:18

亡命?ロシア人のスーパーDJディミトリー
東京生まれの韓国人ジャングルDJテイ・トウワ
オハイオ生まれニューヨーク育ちゴー・ゴー・ダンサーのレディ・ミス・キアー


底抜けにカラフルでどファンキー、そしてとことんゴージャスな「GROOVE IS IN THE HEART」で一躍グローバル・ヒットを飛ばしたディー・ライト。ファンク大王、ブーツィ・コリンズをフィーチャリングしたこのナンバーは、90年代のダンス・ミュージック・シーンを語る上で絶対にハズせない名曲だ。小生もよく躍らせていただきましたとも(回想)。オハイオ生まれニューヨーク育ちのはっちゃけヤンキー歌姫キアー、モスクワがルーツというスーパーDJディミトリ、東京生まれの韓国人でマニュピレーター担当のテイ・トウワ--この3人の合体自体がまさしくグローバルだが、もちろんサウンドも同様。P・FUNK系のミュージシャンを介したR&B~ファンク色から、ヒップホップ/レゲエ~ダブ/70'sアメリカン・ポップス/ハウス、そしてジャズまで……ありとあらゆるサウンド・テキスチャーがなーんの違和感もなく、溶け合っているのだ。これぞ、音楽におけるメルティング・ポット!そして、この雑食性とごちゃまぜ感こそが、いたって陽気なポップ性に結びついているんだなあ~。また、涼しげな顔して要所要所にラジカルな仕掛けを忍ばせているアタりも実にココロ憎い。それまで閉鎖的なムードがあったクラブ・ミュージック自体を、どかーんと開放的に転換させた3人。とにかくココロを弾ませたいときには、ディー・ライトで間違いなし(断言)。現在、ディミトリとテイ・トウワはそれぞれソロでガンガンに活躍中。


ブーツィー・コリンズ
deee-lite_l.jpg



Deee-Lite - Groove Is In The Heart


Deee-Lite Groove is in the Heart - Rock in Rio 1991 Maracanã



↓ぽちっとお願いしますよ↓
  ↓できれば両方↓
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
人気ブログランキングへ

トラブル・ファンク(Trouble Funk ) ワシントン発GO-GOの星

帽子にまつわるエトセトラ DEVO (ディーヴォ) & 早野凡平

著作権解放戦線

2010年05月11日 17:58

強烈です。

KLF - America: What Time is Love

KLF・・・・・確か、著作権開放戦線 の略だったと記憶しています。

アンビエント~レイブ と流れる彼らの異分子的一曲。

轟くシャウトは、なんと!元ディープパープルのグレン・ヒューズさんたったはずです。




↓1日1ポチ運動 継続中↓

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ ブログランキング

ホイッスル・ソング

2010年05月09日 23:00

ハウスミュージックの神話の中の一人

全知全能の神 フランキー・ナックルズのこの曲

私的には全てのジャンルを超越した名曲です。

長年に渡るアンダーグラウンド~の活動の集大成でしょう。

まさに、珠玉の一曲です。

FRANKIE KNUCKLES - THE WHISTLE SONG



↓1日1ポチ運動 継続中↓

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ ブログランキング

ダブ屋さんにモテモテ! リンディー・レイトン( Lindy Layton )

2010年01月04日 12:24

DUB ダブ

60年代の終わりに、ジャマイカの音楽エンジニアのキング・タビーが発明したとされるミキシングの手法。
多分リミックスの元祖でしょうかね?
レゲエのリズムを強調したり、エコーやリバープで加工してまったく別の曲に作り変えてしまう・・・・。

ダブって感覚的には良く分かるんですけども、説明のしずらい音楽ジャンル(手法)ですよね・・。(涙)

クラッシュの『サンディニスタ!』やファットトボーイ・スリムのノーマン・クックの前ユニットのビーツ・インターナショナルなんか聴けば、ああこれがダブって分かるかもしれません。

ビーツ・インターナショナルの代表曲なんて「Dub Be Good To Me」でしたから。(SOSバンドの名曲カバー)
この曲で、ヴォーカルをとっていたのが、リンディ・レイトン
彼女のキュートでカラフルな声がダブビートに乗ってゆーらゆーら、気持いい!


これこそ語り継がれるべき名曲です。
Beats International - Dub Be Good To Me


layton.jpg

んで、この後のリンディーさんは、ダブ屋さん(「兄ちゃん券いらんか~!」の人ではない!)にモテモテみたい!




Dub Pistolsのこの曲でもフィチャーされてます。
「いいっすね!コレ!」
UK独特のルード感覚バリバリ!+ダブビートの浮遊感!
「ナイスですぅ~!」


PV最高!僕好み!
Dub Pistols 'I'm In Love' feat. Lindy Layton & Rodney P


ちょつっと、久々にこの手の道にはまりそうになっちゃいました。
しかし、レゲエ・スカ・ダブも入り口狭いくせに奥が深いからなぁ~。

   ↓ランキング参戦中!ポチッとヨロシク↓

人気ブログランキングへ
  にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ


これでぶっ飛べ!!FISHBONE(フィッシュ・ボーン)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。