--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洋楽の邦題について ①

2009年10月26日 10:35

僕の青春時代、洋楽のヒット曲の多くにはあたりまえに日本語タイトル(邦題)がついていたものです。
最近は少なくなりましたね・・・・邦題(言葉も聞きません)
曲やアーティストのイメージにドンピシャの邦題~シリーズ物~直訳物~訳わからん邦題まで色々ありました。
でも、なんか味わい深いんですよね。
やっぱり日本人ですから。

先日、紹介した ROMAN HOLLIDAY/Don't try to stop it なんて『おいらはハリキリ・ボーイ』ですから・・・・(苦笑)

おいらはハリキリ・ボーイ(笑)  ROMAN HOLLIDAY

シリーズ物の代表は我らがKISSですかね。
デビュー作『地獄からの使者』から地獄・地獄・地獄一色!とにかく地獄一本槍!
途中『ラブガン』ってのもありましたけどね。
『地獄のさけび』(原題はKissなんですけど?)
『地獄の軍団』(影の軍団に影響された?)
『地獄のロックファイヤー』(地獄+ファイアー=最強?)
『地獄の狂獣』(ライブ版、狂った獣になっちゃいました?)
『地獄からの脱出』(ついに脱出しちゃいました。)
『〜エルダー〜 魔界大決戦』(とうとう魔界にまで行っちゃいました)

最初、ジーン・シモンズが閻魔大王のイメージで地獄とつけたんですかねぇ。
まあとにかく、イメージに合っていたことは間違いない。
これぞイメージ戦略の鑑!レコード会社の勝利かな。

元KISSのピーター・クリス乳癌を克服。男性の乳癌に注意を呼びかけ!

464174_1_48413351.jpg

ディープ・パープル(Deep Purple )は紫シリーズ
『紫の肖像』『紫の炎』『紫の昇華』『紫の神技』『紫の聖戦』『紫の証』

忘れちゃいけないのがドイツを代表するHR/ HMバンド スコーピオンズ(Scorpions)
これも単純明快 スコーピオンズ=”蠍団”
『恐怖の蠍団』『電撃の蠍団』『復讐の蠍団』『狂熱の蠍団』『暴虐の蠍団』『蠍団爆発!!』てな感じです。

こんなの見つけました!
伝説のスーパーロック85 Scorpions/black out(live)
ルドルフの必殺!剃刀カッティングで血まみれになりそうです。


面白いので、また調べてみます。


【洋楽 マニアックス】

にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
にほんブログ村

黒飴が教えてくれた本物のGroove!  【那智黒とブラコン】 Lakeside レイクサイド
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mixberryjam801.blog97.fc2.com/tb.php/14-ec342466
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。